工事期間中の対応

 工事期間中、子どもたちやご家庭の安全を第一に守ることは、言うまでもありません。

 幼児施設の建て替え工事となりますので、国の基準以上に安全への配慮を徹底するよう、施工業者へ伝えていくと共に、設計士による監理も徹底していただきます。

 また、園職員も毎日巡回し、その様子を工事の進捗と合わせ、園ホームページなどで公開していく予定です。

 

 安全面の徹底を図ると、おのずと園庭など、保育に使用できる範囲がこれまでより制限されることとなりますが、園外保育の充実や、これまで使用していなかった部屋を保育室に転用するなどして、工事期間中の「保育」を、しっかり守ってまいります。

  元々、明星幼稚園は認可定員190名の園です。現在の在園児数は70名。また次年度は、工事を考慮し、あえて募集園児数を縮小し、全園児で60名程度の保育を行っていく計画です。工事により使用できる範囲が多少狭まっても、十分、国の認可基準を超える面積を有した上で、保育にあたってまいります。

 なお、入園児数を絞ったことにより、クラス数は減りますが、教職員数につきまして、2021年度は昨年度比1名増とし、今まで以上に子どもたちの安全や心の安定のために人員を配置していきます。

 また合わせて、「工事期間中でしかできない体験」を通し、子どもたちの保育の充実を図ってまいります。具体的には、「安全を配慮した上での工事見学」を通し、どのように建物や新しい園舎が建っていくのかや、工事車両の働き等について学んだり、手洗い場のタイルを子どもたちが絵を描いたオリジナルのモザイク模様にしたり…。「今」しかできない体験を、子どもたちに味わってもらたいと願っています。

 

 なお、園舎建て替え工事全体は2021年度~22年度の二か年事業となりますが、2021年度中には新・木造園舎が建てられ3~5歳児の保育については、2022年度から新しい園舎で始められることとなります。