明星幼稚園の保育

 明星幼稚園は1895(明治28)年10月1日に宣教師コルテス女史によって設立されました。山口県下で初めて開園された幼稚園です。 多くのアメリカの方々の援助をいただいて誕生しました。 1995年には多くの方々に感謝しつつ創立100周年の記念の時をむかえました。

 創立以来常に変わることなく保育の源にあったのは「一人ひとりの子どもを大切に(幼な子を神さまの愛の中で)」という祈りでありました。わたくし共の幼稚園はこの願いが基盤にあるキリスト教主義の幼稚園です。

 

 幼稚園の生活は子どもにとって初めての社会です。そこでの生活が、その子らしく自然にできるように、保育の形態は一人ひとりの能力に合わせて、様々な中から選べるように、あそべる環境を準備し、子どもが自由にあそぶことを主とした保育をしています。子どもたちは幼稚園に来て自分がやりたいことをしてあそび始めます。

 

 中には30分以上、一つのあそびに没頭する子どももいます。 当然クラスの活動もありますが、自由にあそぶ時も、クラス全体の時も、子どもの個性が活かされたあそびをする中で大きくなって欲しいと願っています。